2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
2009/06/10

WWDC 2009のまとめ ~ Snow Leopard編 ~

MacOS Xの次期バージョン「Snow Leopard」の詳細が発表になりました。

ここ最近のバージョンアップと比べると、新機能がたくさん有る訳でなく、マイナーアップという感じです。

・システムアプリケーションを64bit化
・マルチコアプロセッサのパフォーマンスを最適化する新機能「Grand Central Dispatch」
・GPUのパワーを一般の処理で使用するテクノロジー「OpenCL」
・QuickTimeX
・マイクロソフトのExchangeを、メール、連絡先、カレンダーでサポート
・トラックパッドに指で漢字を書いて認識する手書き文字の機能
・Exposeをドックに統合
・Safariのプラグインを別プロセス化(プラグインがクラッシュしてもSafariは止まらない)
・価格は129ドル。Leopardからのアップグレードは29ドル。ファミリーパックアップグレードは49ドル。提供は9月予定。
・開発者は本日からファイナルバージョンのSnow Leopardをダウンロード可能
※6月8日以降に購入したMacBook Proには、Mac OS X Snow Leopard Up-To-Dateパッケージが提供されるそうです。(日本の価格は未定ですが、USでは$9.95となっています。)

早速、Appleのサイトに詳細なページがアップされています。

MacOS X Snow Leopard

あまり話題になっていませんが、もちろんサーバー版もあります。

MacOS X Server Snow Leopard

iPhoneからのアクセスに対応した「iCal Server 2」や「Wiki Server 2」、「Mobile Access Server」という機能など、前からある機能のバージョンアップだけでなく、新機能も増えています。

管理しやすい使い勝手の良いサーバーになりそうです。

 

■参考ページ

アップル、次期Mac OS X「Snow Leopard」でチップ処理能力を向上へ
「Mac OS X Snow Leopard」はアップグレード価格29ドルで、9月に発売
Snow Leopardも出没! WWDC 2009基調講演【前編】


※WWDC 2009に関する投稿を「WWDC 2009のまとめ ~ 概要 ~」にまとめました。

Leave a Reply

  

  

  


*

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">