2008年11月
    12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2008/11/29

MacでWindowsを動かす

MacはPerformaの代から使ってますが、MacがMacOS Xになってからというもの、脱Windows、もうMacでいいじゃん!と言い続けてきましたが、もうMac一台で、MacOSもWindowsも両方普通に動くようになってきたので、ますますMacでいいんじゃないかと。

MacでWindowsを動かす為のソフトを簡単に比較してみます。

Boot Camp Parallels Desktop 4.0 For Mac VMware Fusion 2.0 CrossOver Mac 7 Pro
Windows使用時の再起動 必要 不要 不要 不要
BootCampと共存
速度 最速 ?(※1) ?(※1)
互換性 最高 △(※2)
価格 MacOS X Leopardに含まれる ¥12,500 ¥13,800 ¥11,550
動作環境 MacOS X Leopardの動くIntel Mac MacOS X 10.4.11以降、MacOS X Leopard
intel CPU 1.66GHz以上
1GB以上のメモリ
MacOS X 10.4.11以降、MacOS X Leopard
intel CPU
1GB以上のメモリ
MacOS X 10.4.4以降、MacOS X Leopard
intel CPU
512MB以上のメモリ

※1 Parallels Desktop 3.0の頃はVMWareの方が速かったようですが、4.0では高速化されているようです。
CrossOver Macは未確認です。

※2 Windowsを動かす仮想マシンではなく、互換レイヤーとなるソフトなので、動かないソフトもあるようです。

Boot CampはIntelMac上でネイティブにWindowsを動かすものなので、MacがWindowsマシンになるソフトと考えていいです。ただ、MacOSは終了した上で起動する必要がある為、MacのソフトとWindowsのソフトを同時に使うような事は出来ません。

Paralleles DesktopとVMWareは、仮想マシンを作るソフトで、MacOS上でWindowsを動作させます。
そのため、速度的にはBoot Campに劣りますが、Windowsを動かす為に、比較的互換性は高いです。
ただ、DirectXなどGPUを使用した処理はまだまだといった状況です。

CrossOverMacは、仮想マシンを作るソフトではなく、WindowsアプリケーションをMacOS上で動作させる為の互換レイヤーとなるソフトです。
そのためWindowsは不要ですが、互換性では難が有るかもしれません。

おすすめはBoot Camp + Parallels Desktopか、Boot Camp + VMWareの組み合わせです。

速度が要求されるもの(ゲームetc)は、再起動してBoot Campで、MacとWindowsのソフトを併用したい時(Webデザインの確認etc)は、Parallels or VMwareでと、使い分けられて便利です。

■参考リンク

Parallels Desktop 4.0 For Mac 公式サイト
VMware Fusion 2.0 公式サイト
CrossOver Mac 7 Pro 公式サイト

Leave a Reply

  

  

  


*

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">