2012年6月
« 4月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
2012/06/12

iOS 6の機能を発表

Appleが開発者向けのイベント(WWDC)に置いて、iOS 6の機能を発表しました。

既に目玉となる機能については、わかりやすくまとめられているサイトがありますが、細かいところでは開発としては要チェックの機能もあります。

アップル、iPhoneの次期OS「iOS 6」を発表〜3Dマップ・音声ナビなど200以上の機能を追加し今秋公開 – Touch Lab

Appleが「iOS 6」発表 地図アプリ刷新、Facebook統合など200以上の新機能 – ITmedia

他にも開発者としては要チェックな記述がAppleのページにあります。

AppleのiOS 6ページを見ると、主要な機能ごとに説明が書かれています。

iOS 6 for Developers

■Passbook

日本でどの程度準備が進んでいるのかは不明ですが、「Pass Kit API」というAPIが追加されて、iOSで管理されるPass(クーポンとか入場券)を配信したりできるようになるようです。

■Game Center

新しいMac OS「Mountain Lion」からMac OSもGame Centerに対応します。
画面サイズや入力方法の違いなどから、対応できるゲームは限られてきそうですが、iPhoneとMacで対戦みたいなこともできるようになります。

Game Kit自体に新しいAPIも増えるようです。

■カメラ

フォーカスや露出のコントロールをAPIからできるようになるようです。
ハードウェアのスタビライザーと連係するようなこともできるようになるようです。

■In-App Purchase

・In-App Content Purchasing

アプリの中からiTunes StoreやApp Store上のコンテンツを購入、ダウンロードできるようになるそうです。(今まではSafariが起動して、その後、「App Store」アプリか「iTunes」アプリが起動して、それぞれのアプリの中で購入、ダウンロードしていた)

開発者としては、新作アプリの中で、過去にリリースしたアプリを紹介することがますます重要になりそうです。
シリーズ作品であれば、シリーズを重ねるごとにレバレッジが効くようなリリースができるようになるのではないでしょうか。

・In-App Hosted Content

これが一番注目の機能かも知れません。

アプリ内課金で配信するコンテンツを、Appleのサーバーで管理できるようになるようです。
画像や音楽などでなく、ゲームのデータなどもOKなのかなど、今の所詳細は不明ですが、個人の開発者でもアプリ内課金に対応しやすくなるので、大注目の機能ではないでしょうか。

■Safari

iOS 6からWeb Audio APIや、CSSのfilterを使ったpixel effectが使えるようになるそうです。
また、画像や動画をPhoto Libraryからアップロードできるようになるようです。

ダウンロード系の機能は相変わらずのようですが、アップロードができるようになるだけでも、iOSアプリを作らなくてもWebアプリで十分という所が出てくるかも知れません。

iOS Developer Programを契約している人は、「What’s New in iOS 6」というドキュメントで新機能や変更点を確認できます。

UIKitなど既存のフレームワークにも、色々と追加/変更があったりして、iOS自体が結構大きなプラットフォームになってきたので、全てを把握するのが難しくなって来た印象です。

断片化が進むAndroidとは違って、確実に開発者と共に進化して行ってる感じが凄いですね。

Leave a Reply

  

  

  


*

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">