2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
2009/10/17

無料アプリでもアプリ内課金可能に

何の前触れも無く、無料のiPhoneアプリ内でも課金可能になったと1通のメールが。

同時に規約も変わったようです。

今までは無料アプリ内ではアプリ内課金できなかったため、体験版的なものを出そうとすると、通常版以外に無料のLite版を作って配信するしかなかったですが、今度からは無料で配信しておいて、課金したら全ての要素で遊べるようになるという配信方法も可能になります。

とは言え、個人で作ってる人は今まで通り通常版とLite版で出した方が簡単なので、まるっきり無くなることは無いと思いますが。

あと、電子書籍のリーダーのようなものも、リーダー本体は無料で配信して、コンテンツだけ課金するという事もできるようになります。

無料/有料のアプリ配信と、アプリ内課金もゲームの要素のアンロックやアイテム課金、月額課金のようなサブスクリプションモデルと、随分と課金の軸が増えたので、アイデア次第で色々出来ますね。

あと課金軸で足りなくて、おそらくアップルも検討しているであろう事は、アプリの有料バージョンアップくらいでしょうか。

メジャーバージョンアップは有料というような事ができれば、Adobeのようなパッケージソフトを開発するモデルでも配信できるようになり、継続してバージョンアップしていくような開発がやりやすくなって、より高機能なアプリが出てきやすくなるのではないかなーと思います。

iPhoneアプリだけを考えると、シンプルな機能にとどめて置いた方がいいアプリが多いかもしれないので、継続して開発/バージョンアップして行くモデルは必須では無いかも知れませんが、もし仮に、噂になってるようなタッチパネルマックが出て、iPhoneよりもリッチなアプリが求められるようになり、且つそのアプリもApp Storeで売れるようになるとしたら・・・と勝手な想像をすると、色々な可能性を考えてしまいます。

App Storeで配信されているアプリのラインナップも随分と増えて、現状のApp Storeのモデルだと、アプリの価格も下がる方の力が強く、デフレ市場になってきてるので、なかなか採算取れるようなアプリを作るのは難しくなってきてるとは思いますが、まだまだやり方次第では面白い事ができる余地はあるのでは無いかと思います。

 

Leave a Reply

  

  

  


*

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">