2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
2010/06/24

iPhone4のNike + iPodでランニングを始める

必要なものはiPhone3GSと同じです。

Nike + iPodを使うには「Nike + iPod Sensor」と、Nike+対応のシューズかセンサーを入れるケースが必要です。

※Amazonで品切れの場合は、Apple Online Storeで「Nike + iPod Sensor」をチェック
シューズは最寄りのスポーツ店で試し履きして買う事をお勧めしますが、サイズが分かっている人はAmazonやAmazonの関連サイト「javari」でも買えます。

AmazonでNIKEのランニングシューズをチェック

javariでNIKEのランニングシューズをチェック

iPhone4を腕に付けるアームバンドも欲しい所ですが、まだ対応したものは売っていないようです。

AmazonでiPhone用アームバンドを探す

Nike + iPodセンサーをゲットすれば、ホーム画面の「設定」アプリから設定すれば使えるようになります。

「設定」アプリを起動して「Nike + iPod」を選択し、最低限以下の3つの設定が必要です。

センサーと同期する際は、靴にセンサーを付けて動かす必要があるので、予めセンサーと靴を準備しておくてスムーズです。

1)「Nike + iPod」の横のスイッチをオンに。
2)体重を入力
3)センサーと同期

ランニング中に走行距離やランニングペースを聞くには、iPhoneのHOMEボタンを押す必要があるのですが、「Nike+ iPod WatchRemote」があれば、手元で操作できてさらに便利です。

「Nike+ iPod WatchRemote」を使う場合は、設定アプリの「Remote」欄を選択して認識させる必要があります。

センサーもWatchRemoteも一度認識させておけば、アプリ起動のみで使用できます。

上記の設定が終われば、iPhoneのHOME画面に、「Nike + iPod」のアイコンが表示されているので、起動したら使えます。

色々なワークアウトが選べますが、とりあえず「基本」を選んで、好きな曲を選んで走ってみるのがいいと思いますが、どんな曲がランニングにあってるか分からないよって場合は、iTunes Storeには「Nike Sport Music」というランニング時に聞く曲を販売しているコーナーがあります。

iTunesで「Nike Sports Music」コーナーを開く

icon
初心者にはLSD(※)向けの以下の曲がお勧めです。

DJ AKI – Nike+ Basic Run [LSD]

※LSDとは「Long Slow Distance」の略で、「長い距離をゆっくり走る」という意味だそうです。

※2012/11/15追記 Nike Sports Musicのコーナーが無くなってました。

 

iPhone4向けのアームバンドケースも発売されています。

後は走るだけです。

走った後に、iPhoneをiTunesと同期すると、ランニングデータがNikeのサイトに送信されます。

送信されたデータは、Nike+にログインすることでグラフで確認できます。

Nike Running

走り始めるにはなかなか厳しい季節ですが、iPhone4で世界のライバルと走ってみるのもいいんじゃないでしょうか。


※iPhone3GSや、iPodを使っている方は以下のリンクも参考にどうぞ

iPhone 3GSのNIKE+でランニングを始める
iPod nanoのNIKE+でランニングを始める
iPod touch & NIKE+ でランニングを始める

紹介したグッズやNIKE+対応シューズをまとめたAmazonインスタントストアを作りました。

NIKE+ iPod Sport Kitでランニングを始める! POPINO BLOGで紹介した商品Store

 

Leave a Reply

  

  

  


*

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">